知的財産とそれに関係する諸権利が適切な者に帰属するようにすることは、法人譲渡管理の非常に重要な部分です. 権利が誰に帰属するかという問題は、御社が必要に応じてそれらの権利の価値を活用する能力に影響を及ぼすことがあります. 知的財産が不適切な名義で登録されている場合、第三者に対する提訴が遅滞したり、極端な場合には訴訟能力が妨げられたりすることがあります.

法人取引においては、知的財産の存在はしばしば取引文書の中で確認されますが、権利の適正な移転を保証するために必要な手順は国によって異なるため、見落としが起こることがしばしばあります.

当事務所は、以下の業務を通じて御社に助言を提供し、譲渡手続を管理することができます.

  • 譲渡の対象となる知的財産および関連の諸権利を明らかにします.
  • 譲渡において御社の利益が適正に保護されることを確認します.
  • 適切な譲渡文書を作成します.
  • 知的財産当局への権利譲渡の登録を処理します.

御社が支援を必要とする問題が複雑な法人取引による知的財産の譲渡であるか、知財ポートフォリオの買収であるかに関わらず、たとえ登録済みの権利1個のみの譲渡であっても、当事務所の専門家は御社の事業のために適切な支援を提供します.

全文を表示

私たちのチーム: 譲渡