当事務所の業務全般において、クライアント様の事業の成長を願う熱情に従い、我々はクライアント様が以下のような問題の答を見出すのを支援します:

  • 自社がどのような知的財産を所有しているか?
  • 自社の事業目標達成を可能にする上で、自社の知的財産はどのように役立っているか?
  •  取締役会は、自社の知的財産が付加価値を生み出していく経緯を理解しているか?
  • 自社の知的財産は時価で評価するとどのくらいの金額になるか?どうすれば自社の知的財産の価値を自社事業のために活用できるか?
  • 競合他社の動向はどうなっているか?どうすれば他社から抜きんでることができるか?
  •  将来の知的財産の状況はどうなるのか?どうすれば状況の変化から利益を引き出すことができるか?

知的財産を扱う総合法律事務所として、我々はクライアント様が以下の特性を備えた知財戦略を策定・実施するのを支援しま:

  • 真の事業目標に合致している.
  • 具体的な行動計画や予定が明確にされている.
  • 合意された基準に基づく適正な理由によって健全な判断を下すことを可能にする.
  • 実質的かつ測定可能な商業上の利益を提供しうる.
  • 利用可能な予算に合わせて調整され、費用対効果の基準を常に満たしている.
全文を表示

私たちのチーム: コンサルティング