R&D業務に関する提携、R&D業務の提供、第三者へのR&D業務の委託が必要とされる場合、知的財産に関わるすべての問題が考慮済みであること、相手方が最大の利益を自社に提供することを義務づける契約が交わされることを確認する必要があります。R&Dは未だ創造されていない物に関係しているため、創造の過程で起こる可能性のある事態や生じる可能性のある知的財産権を予測した上で所有権と利用に関する明瞭な線引きを行うためには、経験ある弁護士の助力が必要になります. 御社の現在のアドバイザーは本当にその技術を理解していますか?万事を「定型的」に片付けるのではなく、新たな付加価値を与えるような商業的な知恵を持っていますか?可能な範囲で最大の利益を確保できていますか?

当事務所のスペシャリストから成る商事チームは、豊富な経験と商業的知識を兼ね備えており、起こりうる事態を予測して最大の利益のために交渉するだけでなく、最大の利益を確保するための戦略の策定や実施についても、折に触れて助力を提供します. 当事務所の業務は、医薬品やヘルスケア、化学製品から自動車、ソフトウェア、エレクトロニクス、クリーンテクノロジーその他に至るまで、あらゆる業界にわたっています.

当事務所は、以下の業務を提供することにより、お客様が落とし穴を避けて最大の利益を確保するのを助けます:

  • 当事務所のスペシャリストによるチームを結集し、実現可能な方法で御社の立場を最適化する戦略を御社とともに考案します.
  • シンプルかつ有利な取引を円滑に進めるため、知的財産関連のすべての問題に賢明に対処し、御社の権利を最大化するようなチェックリストや契約条項の見出しを御社とともに考案します.
  • 御社とともに契約書の草案を作成し、御社が当然に得るべき収益の流れを確保するための取引交渉に当たります.
  • 臨床試験に関する契約について助言を提供します.
全文を表示

私たちのチーム: R&D 契約