権利者が自己の知的財産によりもたらされる独占範囲を過剰に過大評価することが、ないとも限りません. 私たちはどこで線を引くべきかを心得ており、貴社が最高のビジネスを続けるために防御を必要とする事件をお手伝いします.

貴社は他者の知的財産をうっかり侵害することのないように適切な手順を確立していますか? 貴社は侵害通知を受け取ったことがあり、既存の弁護士に仕事を任せてよいのだろうかと不安を感じたことはありませんか?

クライアントが原告か被告を問わず、当事務所が代理人を務めた過去10年間の成功率は89%を示しています.

適切な場合には、到達可能性と費用/利益の双方の観点から全ての結果を検討するため、科学技術専門の弁理士と知財専門の優れた弁護士がタッグを組みます. このようにやるべきことを見極める適切な専門家がチームを組めるのも、HKLだからこそです.

当事務所に相談する場合:

  • 侵害と非侵害の間、即ち主張されている有効な知的財産と無効な知的財産の間のどこで線を引くべきかについて、迅速にお伝えします.
  • 可能な場合には、できる限り迅速に費用効果の高い方法で、貴社に対する申立を無効にします.
  • 貴社に有利な形で申立を解決できない場合には、その状況において可能な限り最善の和解を実現できる交渉上の立場を確保します.
  • 当事務所の5段階プロセスを展開します。即ち、到達可能な目標を定義し、リスク/成功の可能性を査定し、費用便益テストを適用し、費用を見積もった行動計画について合意し、上記全てに関して継続的に精査します.
  • 貴社の目的を達成する上で最適なチームの規模と形態について協議し合意します(「全てに適合する1つの規模」や「撹拌」アプローチはあり得ません).

常に適切とは限らない「時間給」以外に、当事務所の業務に対する別の請求方法を検討します.

全文を表示

私たちのチーム: 専門家